プロポーズの言葉

大事なプロポーズの言葉には

プロポーズは一生に一回のことですので、男性としても緊張しますね。女性にアンケートを取ると、プロポーズの言葉は記憶に残るものが多いようです。女性として、こんな風に言って欲しいという希望もあります。

プロポーズではセリフそのものも大事ですが、伝える雰囲気や場所、指輪やプレゼントなど大事な要素が揃っていないと盛り上がらないこともありますので、プランを考えながら頑張ってください。

記憶に残るようなイベントにしないと、何十年も経って「プロポーズをちゃんとしてもらえなかった」という恨み言になるようですよ。

せっかく計画したのに言い出せなかったという男性もいるようなので、実はイメージトレーニングもしておくといいようです。サプライズを計画したのに、うまくいかないこともありますから、コツなどをご紹介していきましょう。

引き延ばしているとゴールが見えなくなりますよ。

こんなプロポーズは喜ばれない

プロポーズでは、どんな言い方をしても喜ばれるというわけではありませんね。女性は「言い切って欲しい」と思っているので、有耶無耶な言い方では気が付かないこともあります。

後になって「あれはプロポーズだったの?」と言われることも多いのです。よくあるNGプロポーズとしては、「(指輪を渡して)こういうことだから」「お前が結婚したいならいいよ」という何ともあやふやな言葉ですね。

これでは本人としてどう考えているのかがわからず、女性も嬉しいとは感じません。変わったところでは「俺のパンツを洗ってくれ」というものもありますが、言葉通りにとってしまうと嫌な気分です。

シンプルでいいので「結婚して下さい」と言い切られたほうが嬉しいものですね。3つのNG例を上げましたが、これも一生懸命考えてのことかもしれません。ただ、空振りになっては努力がムダなのです。

一生懸命に説明しようとして長々と話されるのも女性はあまり好きではありませんよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ