プロポーズには花を一緒に

プロポーズにはお花も大事

最近ではプロポーズの時に指輪だけを渡せばいいというものではなく、花などのプレゼントも贈るようですね。婚約指輪の次に花束を送られたという方が多いですよ。

プロポーズフラワーとして人気が高くなってきました。花束というと男性は「赤いバラ」と思うかもしれませんね。ところが、それだけでは女性は満足しません。

女性は花言葉をよく知っていますので、ちょっと凝ったものだと喜びも大きくなります。花の選び方もいろいろですが、彼女のイメージに合う色や普段から好きな花を知っていると、こういう時に役立ちます。

事前のリサーチが大事ですね。花言葉をあまり知らないお相手でもメッセージカードを添えて、こういう意味だと伝えるとプロポーズを盛り上げることが出来ます。

フラワーショップのスタッフが花言葉にも詳しいので相談して選ぶ方法もありますね。

どんな種類の花がいいのか

プロポーズフラワーに何の花を選ぶのか、迷っていらっしゃるでしょう。花言葉をメインに考えるのなら、ネットで検索してもいいですし、ここでも一例としてご紹介します。

バラや胡蝶蘭には「あなたを愛します」、スターチスは「永遠に変わらない心」、ひまわりは「あなただけを見つめている」、アイリスなら「あなたを大切にします」、ヒヤシンスで「あなたとなら幸せになれる」とステキな花言葉になっています。

情熱的なものが他にもあるのですが、シンプルに使えるもののほうがオススメです。注意点としては、花言葉は1つの花でもいくつかの意味合いを持っていることがあります。

ジキタリスだと「熱い胸の思い」という一方で「不誠実」の意味もありますから、悪い意味で理解されると困りますよね。花束で贈ることが多いですが、胡蝶蘭のようなものですと鉢植えのほうがいいですね。

土に根を下ろして長く咲きますから、安定した結婚を予感させる花として最適なのではないでしょうか?男性が思っているよりも女性は花に思い入れがあります。

ちなみに一番人気が高いのはバラです。やはり女性は赤いバラに憧れが非常に強いものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ